食べよう国産!はフード・アクション・ニッポンが運営しています。
logo_fan

おいしい国産情報が探せる・見つかる

米粉の活躍するレシピがたくさん!米粉ならではの味わいと食感を、家族みんなで楽しみましょう!
※一部米粉商品には小麦グルテンが含まれているものもございますので小麦アレルギーをお持ちの方はご注意下さい。

米粉の活躍するレシピがたくさん!米粉ならではの味わいと食感を、家族みんなで楽しみましょう!
※一部米粉商品には小麦グルテンが含まれているものもございますので小麦アレルギーをお持ちの方はご注意下さい。

皮から作る もっちり米粉のシソ餃子
手作り餃子の皮に米粉を加えてモチモチ食感の餃子に。 吸油率の低い米粉のおかげで、焼き目はこんがり感がアップしてカリカリになります。
食料自給率 39
sisogyouza140715

提供:大島菊枝

材料

※レシピは16個分の分量です

  • 豚ひき肉

    100g

  • キャベツの葉

    100g

  • 長ネギ

    10cm分

  • 青じそ

    8枚

  • サラダ油

    適量

  • ごま油

    適量

  • ぽん酢

    適量

  • ラー油

    適量

    餃子の皮
  • 米粉

    60g

  • 強力粉

    60g

  • ひとつまみ

    A
  • 大さじ1

  • 大さじ1/2

  • ごま油

    大さじ1/2

  • 醤油

    小さじ1/2

  • おろしにんにく

    小さじ1/4

  • おろし生姜

    小さじ1/4

  • 小さじ1/4

  • 砂糖

    小さじ1/4

作り方

  • ボウルに餃子の皮の材料をいれ、熱湯1/2カップを注ぎ、菜箸などで混ぜる。
  • 粗熱が取れたら手で2、3分捏ねてまとめ、丸めてラップをして30分以上置く。
    (生地の固さは耳たぶ位が目安。生地が固い場合は、手に水を付けながら少しずつ足して調整する)
  • 生地を32cmの棒状に伸ばし、2cmずつ切り分け(16等分)、1つずつ丸める。
  • 台に打ち粉をして[3]を1つのせ、7、8cmの円形に麺棒で伸ばす。残りも同様にする。
    (生地がくっつかないように伸ばした生地にも粉を薄くまぶしておく)
  • キャベツ、長ネギをみじん切りにして塩ひとつまみ(分量外)をふって10分おき、水気を絞る。青じそは粗みじん切りにする。
  • ボウルに豚ひき肉とAをいれてよく練り混ぜた後に[5]を加えてさらに混ぜる。
  • 餃子の皮1枚に[6]の種の1/16量をのせ、縁に水を付けてヒダを寄せながら包んで、しっかりとめる。残りも同様にする。
  • フライパンにサラダ油少々をひき、[7]を並べ入れて中火にかける。水を餃子の1/4が隠れるくらいまで注ぎ、蓋をして5~7分加熱する。
  • パチパチと音がしてきたら蓋を取り、残っている水分を飛ばしてごま油少々を回しいれて1~2分焼き目をつける。
  • 器に盛り、ぽん酢に好みでラー油を加えて添える。
ポイント

・餃子の皮を作るときは、破けないように優しく押し伸ばす感じにしましょう。
・乾燥すると破けやすくなるので、手早く作業し、作った皮はラップしておくと良いです。