米粉の活躍するレシピがたくさん!米粉ならではの味わいと食感を、家族みんなで楽しみましょう!
※一部米粉商品には小麦グルテンが含まれているものもございますので小麦アレルギーをお持ちの方はご注意下さい。

米粉の活躍するレシピがたくさん!米粉ならではの味わいと食感を、家族みんなで楽しみましょう!
※一部米粉商品には小麦グルテンが含まれているものもございますので小麦アレルギーをお持ちの方はご注意下さい。

玄米粉をつかったもちもち水餃子
玄米粉で作ると小麦粉の水餃子とはまた違った美味しさです。 もちもちしていて口のなかで皮が溶ける感じ。 お子さんやお年寄りの方にも食べていただきやすいと思います。
食料自給率 56
genmai-mochimochi-shuijiao

提供:荒木 典子

材料

※レシピは2人分の分量です

  • 玄米粉

    100g

  • 片栗粉

    20g

  • ひとつまみ

  • 熱湯

    100~120ml

  • 豚ひき肉

    120g

  • 万能ねぎ

    5本

  • しょうが汁

    大さじ1/2

  • しょうゆ

    大さじ1

  • 酒大さじ

    1/2

  • 黒酢、しょうゆ

    各適量

作り方

  • 万能ねぎは小口切りにする。
  • ボウルに豚ひき肉、しょうが汁、しょうゆ、酒を入れて粘りが出るまでよく練る。
  • [1]を加えて混ぜる。
  • 別のボウルに玄米粉、片栗粉、塩を入れて混ぜ合せ、熱湯を少しずつ加えてはしで混ぜる。
  • ひやむぎ、牛肉、きゅうり、トマト、キムチなどを盛りつけ、スープをはる。
  • 手で全体をまとめる。水分が足りないようなら熱湯を適宜加える。
  • 生地を細長く円柱状にして20等分にする。
  • それぞれめん棒で直径8~9cmの円形に成形する。破れやすいのでやさしくのばす。
  • [3]を20等分にし、[7]の真ん中にのせて半円型に折り、端を手でつまんでひっつける。
  • 熱湯に[8]を入れて3~4分ゆでる。
  • 黒酢としょうゆを混ぜたものを添える。お好みでラー油や豆板醤も添えて。
ポイント

今回の中身は豚肉とねぎを使ったシンプルなものですが、えびを加えたり、いろんな野菜をゆでて加えるといろんな水餃子ができます。
生地は乾燥すると扱いにくくなりますから、ラップをかけて乾燥しないようにしながら作業をしましょう。