日本の「おいしい!」をさまざまな切り口でお届けしていきます。

2017年12月18日

「国産」に精通する5人のFANバサダーが順番に、おいしい国産情報を紹介しています。

フード・アクション・ニッポン アワード2017 FAN特別賞レポート

はじめまして。このたび今年度のFANバサダー(フード・アクション・ニッポン アンバサダー)に就任させていただきました篠原久仁子(しのはらくにこ)です。
「野菜ジャーナリスト」として全国の産地を取材し、テレビや雑誌、新聞、WEBなど様々なメディアや講演などを通して国産食材の「美味しい」情報発信しています。
このサイトでは、野菜果物の魅力を活かした産品を中心にご紹介したいと思います。どうぞよろしくお願いたします!

FANバサダー篠原久仁子さん
FANバサダー篠原久仁子さん

「フード・アクション・ニッポン アワード2017」最終審査会にて
「フード・アクション・ニッポン アワード2017」最終審査会にて

牛窓うしまどホワイトマッシュルームの食べるドレッシング●
~岡山ルートサービス株式会社~

先日、最終審査会および授賞式に参加して参りました。その際、消費者による人気投票で見事「FAN特別賞」を受賞された「牛窓うしまどホワイトマッシュルームの食べるドレッシング」をピックアップしましょう!

牛窓(うしまど)ホワイトマッシュルームの食べるドレッシング
牛窓うしまどホワイトマッシュルームの食べるドレッシング

その名の通り、大き目に刻まれた岡山県瀬戸内市牛窓産のホワイトマッシュルームが瓶の中にぎっしり!サラダのドレッシングはもちろん、温野菜のソースにすれば、「野菜を野菜で食べられる」というコンセプトがいいですね。
ぶどう酢とレモン果汁のやわらかな酸味が効いたピクルスのような風味なので、ベースの調味料として活用できます。私だったらマスタードと同じような感覚でポテトサラダに混ぜたり、お肉に添えたり、お魚のマリネに、と妄想がどんどん広がります。醬油をちょい足しすれば和食や日本酒のお供にもなりそう。

「牛窓ホワイトマッシュルーム」
牛窓うしまどホワイトマッシュルーム」

●マッシュルームは「うまみ」の宝庫!●
この産品、調味料以外はホワイトマッシュルームのみ!
シンプルなのに、味わい深いドレッシングに仕上がっている理由はマッシュルームそのものがもつパワーにあります。
それは今や世界共通語になりつつある「うまみ」です!
マッシュルームは、世界で最も栽培されているキノコで、欧米ではキノコの定番。特筆すべきが「うまみ」で、昆布と同じ「うまみ」成分のグルタミン酸やグアニル酸が豊富に含まれているのです。「牛窓うしまどホワイトマッシュルームの食べるドレッシング」は、かみしめることのできる天然のうまみ調味料と言ってもいいかもしれませんね。
マッシュルームは、キノコの中では珍しく、生でも食べられますし、日々、もっと食卓で活用してほしいなぁと思ってきた食材のひとつです。でも、特にホワイトマッシュルームは繊細。収穫後に時間がたつと変色したり、見た目が悪くなり、商品価値が下がりやすいのが難点。この産品が生まれた背景には、まだ美味しく食べられるホワイトマッシュルームを
活かしてあげたい、という想いが込められていると伺い、ますます応援したくなりました。

●日本のエーゲ海うまれ●
ちなみにネーミングにもある「牛窓うしまど」は、日本有数のマッシュルーム産地である岡山県瀬戸内市の地域名。瀬戸内海に面した風光明媚な景色と温暖な気候から「日本のエーゲ海」とも言われているのだそう。マッシュルームは堆肥の栄養、水、空気を吸収して育ちます。生まれ育った土地である牛窓の気候風土も美味しさの大切なエッセンスです。
うまみ、素材への思いやりがぎっしりつまった「牛窓うしまどホワイトマッシュルームの食べるドレッシング」。
現在は主に、岡山県の道の駅などで販売されているそうです。消費者の声によって選ばれた「FAN特別賞」をきっかけに
買える場所が増えることを願っています。
まだまだお気に入り産品がありますので、今後、産地も取材させていただきながらお伝えしていけたらと思っています。

(ミツクラ農林ホームページより 産地の牛窓)
(ミツクラ農林ホームページより 産地の牛窓)
今月のFANバサダー
篠原 久仁子

茨城県出身。人と地域を野菜果物にまつわる情報でつなぐ日本初の「野菜ジャーナリスト」。大手番組制作会社で、報道・ドキュメンタリー番組の企画・演出を手掛けた後、「野菜ソムリエプロ」の資格取得をきっかけに独立。徹底した現場主義で全国の農産物や流通業界を幅広く取材し、テレビなどのメディア出演、執筆、講演などを通して「美味しい」情報発信をしている。東京を軸に、野菜に魅せられるきっかけとなった信州の古民家でも執筆や畑仕事をするデュアルライフを送っている。