日本の「おいしい!」をさまざまな切り口でお届けしていきます。

2018年1月5日

「国産」に精通する7人のFANバサダーが順番に、おいしい国産情報を紹介しています。

「フード・アクション・ニッポン アワード 2017」10産品が決定!

皆様はじめまして。この度、FANバサダー(フード・アクション・ニッポン アンバサダー)に就任いたしました、あおい有紀と申します。きき酒師、焼酎きき酒師、一級フードアナリストなどの資格を活かし、全国200蔵以上取材して、お酒だけでなく、郷土料理や器など、その地域の魅力を発信しています.

「フード・アクション・ニッポン アワード2017」最終審査会にて
「フード・アクション・ニッポン アワード2017」最終審査会にて

先日「フード・アクション・ニッポンアワード 2017」が開催され、授賞式では司会をさせていただきました。大手企業トップの皆様方が審査員となり、厳正なる審査が行われ、10産品が決定、それぞれに魅力ある商品ですので、ご紹介していきたく思います。
http://syokuryo.jp/award/

今回ご紹介するのは、株式会社紀ノ國屋が選定した、「OIL SABADINES®(オイルサバディン)駿河燻鯖」です。静岡県沼津市にある、有限会社かねはちが製造する燻製鯖缶。静岡県沼津港の水揚げで一番多いのは、実は鯖ということで、その数量は全体水揚げの約80%(年間およそ2万5千トン)を占めており、もっと多くの方に沼津産の鯖を知ってもらいたいとの想いも込めて、原料は沼津産の鯖のみを使用しています。

とはいえ、最盛期に比べると、鯖の消費量は減って来ているのだとか。鯖は栄養価が高く、DHAやEPAなどが豊富に含まれていますし、記憶力の低下を抑えたり血液中のコレステロールや中性脂肪の数値を低下させる効果も期待できます。ぜひ積極的に摂取したいですね。

OIL SABADINESの鯖は沼津港で水揚げされ、蒸し、冷まし、燻し、その後天日と機械で乾燥を何度も繰り返します。手間暇を掛けて、素材の良さと燻製の旨味が最大限に引き出されます。


hako


まず手にとって感じることは、パッケージデザインがとてもオシャレ!鯖の缶詰とは思えないようなスタイリッシュでシンプルなロゴで、味は、オリジナル味・ナチュラル味・ガーリック味の3種類。今回は、この中からオリジナル味を使って、簡単おつまみを作ってみました。


缶を開けると、中からすでにほぐされた燻製鯖がぎっしり。


kan



アボカドが家にあったので、適当な大きさに切り、OIL SABADINESを乗せて、軽く黒胡椒とレモン汁をかけて完成!
燻製ならではのスモーキーな香りと、凝縮された鯖の旨味がしっかり感じられ、アボカドと合わせることでまろやかな味わいに。黒胡椒がアクセントとなり絶妙なバランスで、これはビールやハイボール、ウィスキー、日本酒にもよく合います。


ryori



パッケージの中にレシピも入っているので、色々アレンジできそうですね。サラダやサバサンド、チャーハン、パスタなど、いつものお料理にこの燻鯖を加えることで、味にコクと深みも出るので、料理の腕がワンランクアップ!レシピもぜひ参考にしてみてください。

贈答用にも喜ばれますし、ホームパーティーに持って行っても注目されること間違いなし!お酒好きな方にも喜ばれる一品です。


今月のFANバサダー
あおい有紀様お写真
あおい有紀

フリーアナウンサーとして、テレビ、ラジオなど各媒体で活躍する一方、日本の食や和酒の魅力発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。
フィールドワークを信条とし、全国の酒蔵に200蔵以上足を運ぶ。酒蔵ツアーや日本文化×日本酒のコラボイベント、様々な国籍の料理×日本酒のマリアージュイベントなどの企画・主催をはじめ、連載執筆、各地での講演、セミナー講師、審査員、日本酒イベント司会など多数。今年度は農林水産省主催のフード・アクション・ニッポン アワード2017の司会も務める。日本酒造青年協議会認証「酒サムライ」叙任。